女性医療クリニック LUNAクリニックが運営する”女性のため”のECショップ

はじめてセットLUNA お肌にやさしいシルクナプキン

8,348円(税618円)

購入数
月経の時は陰部にいつも痒みがあるのが、普通だと思っている人いませんか?
実は、月経の時に陰部に痒みがあるのはパットの刺激で陰部皮膚に炎症が起こっているためなんです。
陰部の皮膚が丈夫な人は紙製のパッドを長時間装着していても、陰部に痒みや痛みを感じることはありません。
つまり紙パットで痒みを感じている人は、陰部の皮膚が弱く過敏な人なんです。
このような人が、紙パットを長期間使用すると、陰部の発赤や、肥厚、黒ずみなどが起こってしまうことがあります。
つまり陰部の痒みや痛みを放置するのは、陰部の美容の大敵なんです。
また慢性の痒みや痛みは、気分を落ち込ませるため、精神的な健康にもよくありません。


そのような人におすすめしたいのが、シルクのナプキンです。
つけごごちは、サラッとしていて、快適。皮膚への刺激もほとんどありません。ぜひ試してくださいね。



ところで月経時のナプキンの使用は、問題ありませんが、ライナーの使用には、注意が必要です。ライナーは、月経直後の帯下(オリモノ)がちょっと茶色の時や、月経直前の帯下の黄色味が強い時などに使用するもので、たとえシルクであっても、非月経時常時つけるものではありません。透明のサラサラした帯下(オリモノ)の時期は、ライナーは使用せず、
ステキなショーツを、かっこよく着けるのがベストなんです。なぜならこの時期は、女性がいちばんキレイになる時期で、彼に下着を見られる可能性が高いからです。
帯下(オリモノ)が多いのは、健康な子供が産める女性である証なんです。閉経すると帯下(オリモノ)は、とっても少なくなってしまうんです。帯下(オリモノ)をもっと前向きにとらえてほしいと思います。